RFID

RFIDとは

RFID(Radio Frequency IDentification)とは、電波を使って物や人等を自動的に識別するための技術全般を指します。非接触ICカードもRFIDに含まれます。
RFIDは、バーコードに比べデータの書き換えができるほか、個別でのID管理が実現できます。 また、無線を利用しているため読み取りが柔軟で、同時に複数IDを一括して読み取る(アンチコリジョン)ことも可能です。
基本的な構成要素は、「ICタグ」、「リーダ/ライタ」、IDにひも付けられた情報を保存する「データベース」、リーダ/ライタとデータベースやアプリケーションをつなぐ「ソフトウェア」が挙げられます。

RFIDソリューション

弊社ではRFID分野でも厳しい環境(雪・雨・極寒・汗等)の中で安定動作するゲートシステムの開発で得たノウハウを生かし、お客様のご希望にそったシステムの開発も得意としております。 また、旋盤・フライス盤・溶接機等の設備もございますのでRFIDと連動して動作する機器も1つから作成可能です。何なりとご相談ください。

RFID実用例
  • 集合住宅(マンション等)の入館管理
  • オフィス等のセキュリティー(入退場管理・入場権限)
  • イベント等の入場管理
  • スポーツ分野(マラソン・駅伝・トライアスロン等)のタイム計測
  • 物流
  • 商品管理

上記以外にも様々な分野で利用されています。

既存の商品ではいまひとつ・・・、こんな使い方はできないの? 等ささいな疑問・質問もお気軽にお寄せください。解決のお手伝いをさせていただきます。