天空米

美味しいお米の炊き方

まずはお水にこだわってください

お米は最初に水に触れたときが一番吸収します。捨ててしまう水ですがもったいないと思わず、最初の洗米から美味しい水を使ってください。

手早く糠(ぬか)を洗い流し、「研ぐ」より「洗う」感覚で

 
精米技術が向上し、昔のように力を入れて研ぐ必要はなくなりました。むしろ力を入れると米粒を砕くなどして味を損ないます。 まず米の表面の汚れを取るために、お米に水を一気に注ぎ、2~3回底から手早くかき混ぜて、水を捨てて下さい。 そのあと手のひらの付け根で力を加減しながら数回研ぎ、濁った水を捨てる作業を2~3回繰り返します。水を替えても濁り具合が変わらなくなったら研ぎあがり、水が透明になるまでする必要はありません。水が冷たいからといって泡立て器を使ったり、温水で研ぐのは禁物です。

10分浸水、15分水切り

研ぎ終わりましたら10分位水に浸してから、ザルに上げてさらに15分位水切りします。これでお米の芯まで水分を吸収させつつも余分な水分は切れ、ふっくらとした炊き上がりになります。
※最新の炊飯器では浸水を自動で行うタイプがございます。お使いの炊飯器の説明書をご確認ください。

水加減は

炊飯器の目盛りはあくまで目安とお考えください。お届けしたお米は精白したての新米ですので、もともと水分は多めです。目盛りよりも気持ち少なめの水加減がやわらかくなりすぎず、ちょうどよいようです。ちなみに私どもで天空米を3合炊いて実験したところ、3合の目盛り丁度では多少やわらかくなりましたが、およそ2.8合といったあたりでは少々硬めという結果でした。お好みもありますので、「わが家のちょうどいい水加減」を見つけてください。

蒸らし終わったら、必ず混ぜる

現在の炊飯器は、炊き上がると自動的に蒸らして炊飯を完了します。この状態ではおいしさに多少のムラが生じますので、ぬらしたしゃもじを使ってご飯粒をつぶさないよう切るような感じで混ぜ合わせます。 すぐに食べない時も、必ず混ぜておきましょう。

保温するよりも、冷凍してチン

 
炊飯器の保温機能は便利ですが、長時間ですとご飯が糊化しておいしくなくなります。残ったご飯はラップで包んで冷凍し、食べるときに電子レンジで温めたほうがおいしくいただけます。